Linux を使いやすくする

nano 設定

VSCode SSH FS でファイルを編集する

ここが詳しい。

権限で書き込めない時は自分のフォルダに保存した後、SSHでコピーする。

又は編集するファイルのパーミッションを変更する。

$ sudo chown root:sudo ファイル名
$ sudo chmod g+rwX ファイル名

ファイルの権限を sudo グループに変更するスクリプト。コピペ

$ cat << EOL >> ~/bin/chsudo
#!/bin/bash

# VSCodeで編集可能にする為にグループを sudo に変更して権限を変える
sudo chown root:sudo $1
sudo chmod g+rwX $1
EOL
chmod 755 ~/bin/chsudo

speedtest を実行できるようにする

$ wget -O speedtest-cli https://raw.githubusercontent.com/sivel/speedtest-cli/master/speedtest.py
$ chmod +x speedtest-cli
$ cp speedtest-cli ~/bin
$ cat << EOL >> ~/bin/speedtest
#!/bin/bash
speedtest-cli --list | grep "OPEN Project" | cut -d' ' -f1 | rev | cut -c 2- | rev | xargs speedtest-cli --server
EOL
$ chmod 755 ~/bin/speedtest

Raspberry Pi のコンソール(SSHではなく)の日本語化

ここの通りにした。

Raspberry Pi  を iPhone とテザリング

/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf          参考

network={
    ssid="AboiPhone6s"
    psk="bakabon88"
    key_mgmt=WPA-PSK
}

/etc/network/interfaces

auto wlan0
allow-hotplug wlan0
iface wlan0 inet manual
wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

/etc/dhcpcd.conf     ※ iPhone 接続時の固定IP化模索中

interface wlan0
    ssid   aterm-bxxxxf-a
    static ip_address=192.168.0.220/24
    static routers=192.168.0.1
    static domain_name_servers=192.168.0.1 8.8.8.8

#    ssid   iPhone
#    static ip_address=xxx.xx.10.20/24
#    static routers=xxx.xx.10.1
#    static domain_name_servers=xxx.xx.10.1 8.8.8.8

 

sudo 「コマンドが見つかりません」PATH初期化を回避

$ sudo visudo
#Defaults       secure_path="/usr/local・・・"  コメントアウト
Defaults        env_keep += "PATH"              環境変数PATHを引き継ぐ

sudo python3 するとモジュールを読み込めない

sudo 時に Module Search Path が root 用に置き換わるので後からインストールした pip や自作ライブラリにパスが通らない。

既にパスが通っているディレクトリに以下のファイルを新規作成する。

$ sudo nano /usr/local/lib/python3.5/dist-packages/custom.pth

# 以下に追加したいパスを書き込む(相対パスでも可)
/home/admin/.local/lib/python3.5/site-packages